メイクしたままの顔で眠った

シゴトと生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでもシゴトをしていますが、ある日、何気なくのぞいた鏡を前にして悲鳴を上げそうになりました。鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を思い知らされた気がしたのです。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌のためにできることをして、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけなければいけません。

顔の中でも皮脂の分泌が極度に少ないのが目の周囲ですが、乾燥の影響を直接受けてシミやシワが出やすいですし、乾燥して過敏になり腫れてしまう事もあるのです。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげて頂戴。目のまわりのお手入れには、オイル(脂質)を使うと効果的です。
https://montclairgolfshop.com

精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、肌と相性の良いものを使用するようにして頂戴。

最近の話です。肌のケアをしていた時にとあるインスピレーションを得ました。

肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわはできにくのかも、ということなのですが、如何でしょうか。目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかが目立つ気がしてなんとかしたかったのですけれどしばらく前から炭酸パックをはじめ、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃には細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。

炭酸パックが効いたのかどうかはわかりませんが、何かしら因果関係がありそうな気もします。どのようにして肌にシワが可能でるのか、その原因としては、一番大きいのは乾燥の影響だと言われています。エアコン(ユニットの形態には、一体型、リモートコンデンサ型、リモートコンデンシングユニット型、マルチ式などがあります)の風に当たりっぱなしになったり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などはことさら注意するべきでしょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、とにかくまめな保湿を心がけることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。

持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしましょう。

肌に皺が可能でる原因のひとつとして日光(紫外線)はケアしているのに、乾燥は意外と我慢している人が多いんです。

肌の水分バランスが崩れてくると、細かいヨレ(昔は縮緬皺と言いました)が出て、しわが可能でやすくなります。

目尻や目の下は顔の中でも代謝が少ない部分なので乾燥の影響を集中的に受け、もっとも早く皺が可能でる場所と言われています。

加齢で皮膚が薄くなり、コラーゲンやヒアルロン酸等の絶対量も減るため、法令線に繋がる口元のシワなどが生じやすいです。肌年齢をキープするためにも適切なケアをしていきたいものです。

シワが可能でやすい肌質というのは確かにあります。

簡単に言うとそれは皮膚の薄さによるものです。同年代よりシワが多いと感じたらいま一度、ご自身の肌とむきあってみて頂戴。冬場に口元や目元が乾燥したり、くすみやすい人は日頃から注意しておくべきでしょう。普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。

いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。

自分の現在の肌質と年齢に合ったケアを意識しておくのがいいでしょう。

早いうちに適切なケアをするのが肝心です。

小麦色の肌は健康的で美しいイメージを与えられることが多いですが、褐色の肌になりたくても、シミが多くなるのは避けたくて、どうしようと思っている女性も少なくありません。今よりシミが増えたら困るのなら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。

顔にシミが出来ないようにするコツは、こまめな日焼け止めの塗布です。また、おうちに帰ったらすぐさま日焼けの後用のローションなどを使って炎症を軽減させる事が重要です。ここ2年から3年、急に肌のシワが気になるようになってきました。笑っ立ときに目もとに集中するようなシワが多く、気にするなというほうが無理な感じになってきたのです。肌のケアは昔からきちんとしていて、時節によっても変えたりしています。

乾燥肌なので、目周りはしつこ幾らいクリームを塗って、長時間しっかり効く保湿を行っています。年齢に合わせて、そろそろケアも変えどきなのかも知れません。一時は大ブームとなったガングロですが、最近になって再び、ブームの予感です。数あるスタイルの一つとして根付きつつあるとも思えますが、懸念されるのはお肌のシミです。

大丈夫という人もいるかも知れませんが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、普通よりもたくさんのシミが現れている傾向にあります。

最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、さまざまな雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをこなしてみたら、なんと3キロもの減量が可能でました。

きれいになりたい、というその一心でファスティングをがんばったのですが、鏡をよく見てみると、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかも知れません。

ファスティングダイエットがしわと何か関係があるとは思っていませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。